嬢のための賃貸情報

見出し

水商売の賃貸審査はお店の規模やレベルによって変わる

水商売の賃貸審査はお店の規模やレベルによって変わる 水商売をやっている人は、お店の規模やレベルによって、賃貸審査への通りやすさが変わります。
全国規模でお店を展開している大手で正社員として働いている人なら、給料もそれなりに高く、福利厚生も充実していることが多いので、審査には通りやすいです。
逆に、小さなお店で働いている人は、福利厚生も充実しておらず、利益が上がらずにお店をたたんでしまうことも多いので、不利になります。
正社員として働いているか、アルバイトという扱いかなどによっても変わってきます。
お店によっては、携帯電話だけで営業をしているところもあります。
携帯電話だけで営業しているようなお店は、信用がないため、審査で断られることもあるようです。
水商売をやっている人は、給与所得者ではなく、個人事業主としてお店と契約していることもあります。
個人事業主の人は審査では不利になりますが、納税証明書や確定申告書を提出して、安定した収入を得ていることを証明できれば、賃貸審査に通る可能性は上がります。
賃貸の審査は大家さんが最終的な判断を下すので、絶対に通るということはありませんが、現在は人口減少の影響などもあり、契約者が見つからずに困っている大家さんもたくさんいます。
水商売をやっていて、お店の規模やレベルに不安があっても、諦める必要はありません。

水商売をやっている人が賃貸を借りる時給与明細が必要になる

水商売をやっている人が賃貸を借りる時給与明細が必要になる 水商売をやっている人が賃貸を借りる時給与明細や源泉徴収票などの収入を証明する書類などが必要になることがあります。
どのような書類が必要になるかは、大家さんによってさまざまです。
社会保険に加入している人は、勤務先の証明のために社会保険証の提出を要求されることもあります。
しかし、免許証などの身分証明書と、給与明細や源泉徴収票を用意できるなら、多くの場合に賃貸契約はできると思われます。
水商売の人は、個人事業主という扱いになっていることもありますが、その場合、給与所得者の人に比べると信用はやや落ちます。
個人事業主という扱いになっている人は、給与明細をもらっていませんので、納税証明書や確定申告書などを用意する必要があるかもしれません。
連帯保証人を用意できない場合には、保証会社をつけることになりますが、これらの収入を証明する書類は、保証会社の審査を受けるときにも必要になります。
水商売をやっている人は、民間企業でアルバイトや契約社員として2ヶ月~3ヶ月程度働いて、給与明細を発行してもらい、それで審査を通すという人もいるようです。
賃貸を借りる時給与明細を用意できるなら、安定した収入を得ているという証明になるので、審査に通る可能性は上がります。

オススメの水商売関連賃貸サイト

新宿や銀座、渋谷といった人気エリアの物件も多数の賃貸サイト

水商売 賃貸

「賃貸 給与」
に関連するツイート
Twitter